MENU

INTERVIEW

社員インタビュー

社員インタビュー

現在活躍中のWeb、AI、IoTエンジニアをご紹介!

チームマネージャー
  • 私は新卒で入社して今年で11年目。もともとパソコンが好きで自分で勉強もしていたのですが、特別プログラムに自信があった訳ではなかったんですよね(笑)そこで、イチから教えてくれる教育体制の整った当社を選びました。

    今ではチームワークの強化とお客様との信頼関係を築いていくことが必要なのではないかと考えています。入社以来ずっとJavaのエンジニアとしてWeb開発に携わっています。色々な業種の開発を長年経験してきましたが、そこで気が付いたのはチームで仕事を進める面白さだったんです。特に外部研修でプロジェクト管理の講習を受講した時は、それを強く感じましたね。その時はリーダーの補佐だったのですが、チームで力を合わせてパフォーマンスを上げていくことが楽しかったんです。

    段階的にステップアップを積み、3年前にチームマネージャーに昇格することもできました。“部下たちの成長”は自分がメンバーだった頃には感じることのできなかった喜びですよね。マネージャーとしてチームが、そして会社全体が活気良く、楽しく機能するように努めていきたいと思っています。そのためにも現場の課題を吸い上げ、問題がある時は営業と連携しつつ調整を行なっていきたいですね。

    今後の私の課題は『チームで目標を達成する大切さ』をメンバーに浸透させ、新しい技術にチャレンジするチームをより多く作っていくことです。これから入社される方も心配はいりません。教育体制もチームワークも抜群の会社なので、安心して入社してきてほしいと思います!

Web開発からAI・IoTへ異動
  • 当社に入社してから驚いたことは、Javaのスキルが1年以上あれば先端技術に携われるルートが確立されているところです。

    前職で私はJavaのエンジニアでした。先端技術に興味はあるもののどうやって実務で使えるように出来るか考えていたのですが、既にノウハウを持っている関連企業と一緒に出来る環境があり、今ではAIやIoTを使うプロジェクトに携わっています。AIを使ってお医者様をサポートする案件にも参画させていただきました。

    現在は、Python、Vue.js、AWSを採用したIoT管理システムを立ち上げています。

    先端技術の面白いところは、新しい技術の検証をする際に今まで扱ったことのない技術に触れ「こんなことできるんだー!へー!」という発見が出来るところです。

    その他、月1回のペースで社員が集まってAIロボの研究や社外の技術交流の場にも参加できますので、エンジニアとしてステップアップをご希望の方にはやりがいを持って働ける環境なのではないでしょうか。

インフラエンジニアから
スキルチェンジ
  • 新卒で入社して2年ほどネットワークエンジニア経験し、現在は開発プログラマとして仕事をしています。開発に移ったキカッケはプログラミングに興味がわいたこと、そして会社がAIIoTなどの先端分野に注力していくことに自分も惹かれたからです。

    開発に移る時は外部のITスクールに3ヶ月通わせてもらえました。プログラミングやJavaに関する基礎研修にはじまり、最終的にはチームを組んでより実践的な内容で学ぶこともできましたよ。

    現在は、農家向けの受発注システムに携わっています。メンバーは5名ほどで、私はプログラミングの画面側に関わっています。これまでインフラを担当していた頃と違い、目に見える側の開発に関われるので、やりがいや達成感も大きいですね。また、今では野菜や果物などの入出荷をコントロールする部分の上流工程のお手伝いもさせてもらえるようにまでなりました。

    新しい技術にチャレンジする時は不安もあるかもしれませんが、心配はいりません。上司も親切に教えてくれるし、サポート体制も整っているので、安心して入社してきてください!

新卒入社後、IoTエンジニア
  • 新卒で入社して現在4年目。当社を選んだ理由は教育体制がしっかりした会社と感じられたからです。実際、入社後の研修では単純な技術や知識の話だけでなく、将来も応用が利くような考え方を身につけられたのは良かったですね。

    入社後の業務としては、まずは実務研修としてECサイトのサーバ立ち上げなどに携わりました。その後、先端技術に携わりたいと会社に希望を出していたところ、見事IoT系のプロジェクトに配属。現在至ります。

    具体的にはスマートホームのようなものをイメージしてもらうといいかもしれません。私はそこのソフトウェアまわりの開発に関わっています。仕事の面白さは何と言ってもIoTというだけあって、実際にモノが動くのを見られることですね。自分が手掛けたものが、“物理的に動く”って、やっぱり楽しいんです(笑)また、実際に自分が作ったものが世に出て、SNSなどで評判が見られるのもIoTの仕事ならではの醍醐味かもしれませんね。

    もちろん大変な部分もあります。基本的に今ある技術を活用した開発ではなく、すべてゼロベースで考えていく必要があるので、答えを出すのは常に自分自身なんです。でも、そこが面白さでもあるんですけどね(笑)

    IoTエンジニアは半分システム作り、半分モノづくりのような仕事ですが、そこに魅力を感じられれば、大変やりがいのある仕事ですし、そんな人と働きたいと思っています。ぜひ私たちと一緒に頑張りましょう!

建設業界からIT業界へ転職
  • 以前は建設現場で現場作業員のような仕事をしていました。転職理由はIT業界に将来性を感じたから。学生の頃は特にこの業界に魅力を感じることはなかったのですが、一度社会人を経験して、改めて今後のキャリアを考えた時、IT業が魅力に映ったんです。

    数ある会社から当社を選んだ理由はやはりAIIoTの分野に携われたからです。同業他社でもこうした先端技術に関われる会社は少ないですからね。グループ会社に『先端事業部』という部門があり、Java経験1年以上のエンジニアを対象とした受け入れ態勢があるんです。ベースがある分、今スキルチェンジを考えている人にもウチは魅力的だと思いますよ。

    現在は交通情報システムの更改プロジェクトに参画しています。このプロジェクトは製造から参画していますが、その他にも単体、結合試験やリリースといった一通りの業務に携われています。内容的には地方納税のプロジェクトよりも難しめの作りとなっていて、行き詰まる事もありましたがプロジェクトのメンバーと相談してうまくやっています。

    IT業界は専門知識が付くだけでなく、問題解決能力も磨かれます。異業種から転職を考えている人は不安もあるかと思いますが、当社は研修も充実していますし、何より相談しやすい環境もあるので心配はいりません。ぜひ一緒に頑張りましょう。