■ プログラム言語
アセンブリ言語、BASIC、C#、C++、C、Java、COBOL、FORTRAN、VB(Visiual Basic)、Pascal、Perl、Delphi等。
 
■ ソフト・ウェアリング
品質の良いソフトウェアをいかに効率良く作成するかという技術。
機能実現・コスト・品質・保守のしやすさを重視したソフトウェアを作成すること。

<<知識体系>>
ソフトウェア要求
ソフトウェア設計
ソフトウェア構築(プログラミング)
ソフトウェアテスティング(テスト)
ソフトウェア保守
ソフトウェア構成管理
ソフトウェアエンジニアリングマネジメント
ソフトウェアエンジニアリングプロセス
ツール及び手法
ソフトウェア品質
 
■ プロダクト
エンジニアリングの過程で生成される生産物のこと。
お客様に直接見せるもの。
 
■ プロセス
プロダクトを生み出す工程のこと。

<<開発工程>>
要求定義(基本計画)
外部設計(概要設計)
内部設計(詳細設計)
プログラミング
テスト
運用・保守
 
■ テストの種類
ホワイトボックステスト
・単体テスト(UT)
ブラックボックステスト
・結合テスト(IT)
・総合テスト(ST)
運用テスト
 
■ ホワイトボックステスト
プログラムの制御構造を意識して行うテストのこと。
全ての分岐・全ての命令のテストを行う。
 
■ ブラックボックステスト
設計書の仕様に基づいてテストを行うこと。
設計書で定義されている結果(出力)がされているかどうかの確認を行う。
 
■ プロジェクト
定められた資源を用いて目標を達成するための一連の仕事のこと。
 
PM(プロジェクトマネージャ)
プロジェクトの管理を行っている統括リーダのこと。
『プロジェクトリーダ』と呼ぶ場合もある。
人をまとめたり、交渉したりするのが仕事。
 
■ SE(システムエンジニア)
会社で人が行っている仕事を機械化するために専門的な視点からアドバイス(助言)する仕事です。
簡単に言うと機械化の相談役。全体をマネジメントする監督的な役割。
パソコンに向かうよりも人とのコミュニケーションが不可欠。沢山のアイディアを出せる柔軟な脳が必要。
文章の能力も必要。
技術力・業務知識も必要。
 
■ PG(プログラマ)
システムエンジニアが作成した開発仕様書をもとしてプログラムを作成し、検証するのが仕事。
簡単に言うと人と機械(パソコン)の通訳。
チームで作業する事が多いので、人とのコミュニケーションが不可欠。
最低条件として、開発仕様書(プログラム仕様書)が読めること。
開発仕様書(プログラム仕様書)をもとにプログラムを作成できること。
作ったプログラムの検証を行うためのテスト仕様書を作成出来ること。
作ったプログラムの検証を行うためにテスト用データを作成出来ること。
プログラム検証後、間違えた箇所を理解し修正できること。
 
■ ステップ数
ソースプログラムの命令後の数のこと。
但し、必ずしもプログラミング言語の単語数とは一致しない。
言語によっては複数の単語で1ステップの処理が定義されている場合もある。
 
■ ドキュメント数
文書全般(ワープロや表計算などのソフトで作成した文書ファイル)のこと。
ソフトウェアの仕様書・システム開発における使用解説書・設計書・フローチャート等。
 
■ レビュ
ソフトウエア(ソースコード・ドキュメント)の品質を高めるための検討会議のこと。
一度行うより、工程単位・ドキュメント単位といった細かい単位で行うと効果的。
 
■ レビュの種類
要求定義レビュ
外部設計レビュ
内部設計レビュ
ソースコードレビュ
テスト計画レビュ
 
■ デザインレビュ
設計段階で行うレビュのこと。
→このページの先頭に戻る
Copyright(C) AIMS Co., Ltd. 1999-2006 All rights reserbed.